真我

そらは私だ

IMGP0366.jpg


青空の写真をピクチャーから探していたら

こんなのがありました

いつの写真だろう?ヘアスタイルだけは変わってないな 笑


今日もかなりの長文になりそうです

コーヒーでも飲みながら、ちんぷんかんぷんを楽しんじゃってください♪



前々回書いたブログ

そらがあなただ・・・

これは個人的なあなたのことではないのだということは

お分かりですよね

もし個人的なあなたが「すべては私だ」と理解しようとすると

あれも、これも、あそこも、あの人も、過去の出来事も世界のすべてが

全部私だと理解しなければなりませんよね

あり得ませんよね、そんなこと・・・


そうではなくて

そらがあなた

前々回のブログで書かれているまんまのこと

同じそらを見て

私はそらだ、私がそらだ、僕はそらだと言う

言っている私があなたではなくて

そらがあなたです


ちょっと笑いが込み上げてきてしまった

これ、わかる人いるのかな(#^.^#)


私、というものを奇跡のコースでは

神との分離の段階で伝えてくれているのではないかと思います

つまり

真我からスタートすると


真我から発生したエネルギー(そのままを表現するだけの)ソミソララ

これは神と(真我と)分離している訳ではないのです

真我はソミソララです、ソミソララは真我なのです

みんなソミソララなのです!

みんな真我なのです・・・


そして真我から発生したエネルギーから「心」という

想いの力「私」が

この現象世界を生きるために

その驚くべき念の力へと変容していきました

神から離れた心がそれです


その心は神と分離していて「神と私」という心です

神に助けを求める、つまり自分を守らなければならない


自我というのは心に関係なく独自に発生した実態の無いもの

本当は自我なんてものはありません

しかし心は自我と自分を同一化して私は私を守らなければならないと必死になり

私は私だ!これが(肉体が)私だと、分離の世界が強化されていきました

the三次元の世界!!

                
それで、いまのあなたが「それ」です

でも、こんな風に言われても、私はそんな念の力も無いし

自分を守らなければなんて思っていない!という人も多いと思います

時代がそうなっているのですね

神との分離した感覚が緩んできているとも言えると思います

目には見えない世界スピリチュアルが人気なのはそのためです

しかし相変わらず、神と私という分離が消える事はありませんね



ソミソララ

これは真我そのものを表現するだけのエネルギーです

そこには過去も未来も、あなたと私も、優劣もなければ

守らなければならないものはありません

なぜなら、表現されたらそのまま消えますから

何にも残らないのです

いま、ここしかないのです

いまここの実感がすべてです・・・ということなのです

この段階では自分を知りたくて悶々とする

そうしながら本当の自分に落ち着き

存在として在る段階へとシフトしていくと思います


神と分離したままの心においては

(ソミソララ独自の伝え方ですよ)

神と私という分離した状態でしか神を捉えることができません

そしてありもしない「私」という個人を守らなければならないのです

起こっていることはすべて「私」に起こっている・・・


その、「私」というのは本当は存在していませんよ

というのがノンデュアリティの言っているところですね

私が行為をしている、私にすべてが起こっている

私は私を守らなければならない


ここから解放されたら、どうなると思いますか?

表面的には何だって起こっている

でも、それを自分事として掴む誰かはいないのです

これが、事実です


そして、ノンデュアリティから次の段階へ

これが、このブログのサブタイトル

Endless Journey to God~終わりなき神への旅路


私たちはこの肉体がある限り

神そのものを知るすることはできません

そして、この肉体が終われば神そのものです

なので、やはり神そのものを知ることはできません


そして神は現象(幻想)に関わっていませんので

この現象世界で神そのものを知ることなどできません

ただ「神をわかる」ということは変容の過程で起こって来ます

わかる

というこの感覚は、神の恩寵です


で、 であれば、ここから先は

神を

実感する、熟成する、漬物が浸かる、スピリチュアリティ(変容)

それが続いていくのです

「私」という個人がそれを求めるのはないのです

それは神の吸引力でもって、誰かから神へではなくて

エネルギー的なことなのです

それを言葉にすると

神と出逢う

神を知る

神と繋がる

神をわかる

神そのものへEndless Journey to God



自分自身を知る必要があります

自分は“在る”なのだと知る必要があります

在る です


ですからまずは在るに気づくことから始まり

在るに気づき、在るにしがみつき

在るそのものへと意識(エネルギー)が変容するしかありません


前回書いたブログにラマナちゃんのサイトを載せましたが

そこに「真我の知識」という言葉がでてきましたよね

真我の知識ってなに?

ラマナ・マハルシの本を読んで知識を得ることなの?

全然違います!!

真我の知識とは

在るの状態のことです

じっと、そのもののこと

不動、そのもののこと

私は変わらないという存在、そのもののことです

私は誰?

私は在るです

ソミソララは私は在るです 


私は在るという存在です

「私は 私が何をしているのかわかっていません

わかっていないので 安心があるのです」

これは、聖なる自己を確立しているから安心があるのです


同じ言葉で

「私は私がなにをしているのかわかっていません」

これが心の投影を自分としているのなら

全然違うことになりますね

不安、恐怖、欠乏感、虚しさ、などなど・・・

そろそろ本気で

本当の自分へと戻りませんか・・・

















関連記事