神さま

神を、初めのパパと呼びたい♡

冬の画像3

今日の鳥ちゃんも可愛くてたまりませんね

ふわふわふわぁ~~~

この写真撮った人、天才!!(*^。^*)

まるでシャッターを切る時にこの鳥ちゃんと目が合っていて

写真を撮ることを了承しているかのような

この子・・・

見つめているとニンマリしてきます。。。



初めのパパ

神のことを父とか、お父さんとか、パパとか、初めの父と呼ぶ

なんて素敵なことでしょう

洋画でも女優さんが神のことをパパと呼んでいるのを見たことがあります

ソミソララは“初めのパパ”と呼びたい

だって、この身体を自分だと勘違いするずっとずっと以前から

姿もかたちもない時から

神は私の初めのパパなのだから

あなたも、そうしたらどうだろう

神のことをもっと身近に感じてほしいのです

だって、何よりも身近なんだよ

あなたのお父さんやお母さんよりももっともっと身近なの

寝ている時も起きている時もいつも初めのパパの中にいるんだから

内にも外にも初めのパパは私を包み込んでいる

あなたのすべてを知っている

でも、あなたが見ている幻想を、初めのパパは見ていないよ

ただあなただけを見つめている


初めのパパ・・・


「父と母」という題名で

初めの父という言葉をnoteに掲載してくれたのはヘルメスさんです

その講話には母もでてきます

心はそれを読むとき、初めの父は神で、母は真我と理解するかもしれません

しかし、本当は

初めの父も母も神なのです

神しか存在していません

神と真我は同一なのです

だから私たちは必ずいつか真我へと融けるのです

意味不明かもしれませんが

意識の領域での伝え方ではどうしてもこのような表現になります


神と真我は同一です

真我と私は元々同一です

初めのパパと私はひとつです

ひとつ・・・

ひとつのエネルギーしかありません

悟り、目覚め、真我実現などなど

こういったものを学ぶためにグルの所へいくのであれば

一番気を付けなければならないのは

人という指導者に没入しないこと、コントロールされないこと

グルというのは真我を実現している状態のことです

そこに人はいません

それを見分けるのも大変なのかもしれませんね


ソミソララの場合は、根源に神(初めのパパ)が在るので

誰かに没入したりコントロールされることはありません

誰かに学ぶのでないのです

そこに神を見るのです


もしかしたら、苦しいから悟りたいという人の場合

誰かが自分を悟らせてくれると勘違いをするかもしれません

しかし、誰かは悟らせてなんてくれません

もし、そんなことを言う人なら、それはやめた方が良いです

あなたを、いったい誰だと思っているのですか?

あなた

あなたが誰なのかをちゃんと教えてくれるグルのところへ行きましょう

と、ソミソララは思います











関連記事