神さま

忘れる、消える

花


意識・・・

この花の画像を見ていると

なぜか「意識」 と思う・・・

真っ暗な中に在り続けている光

のような

それはあまりにも繊細であり、純粋であり、神秘に溢れていて

そして美しい

これを見ているだけで沢山のアイデアが湧いてくる

というような



意識とは・・・



昨日、「時間について」というテーマで

まみともさんのお話し会がオンラインでおこなわれました

時間が無い!ということに関しての質問とか、疑問とか

それはお話し会に参加されていたみなさんと同じだと思うんですが

実際、なにもわからないまま終わってしまいました


思考は一瞬で消えていくんです

1秒前の思考も思い出せません

考えたいと思って考えた事までもが考えた後にはすっかり消えてしまいます


過去の記憶を思い出すというワークもできないんですね

過去を頭の中で思い出したり

イメージしたりできないんです

まるで頭の中は関係していないというような感じで

それこそ

ソソソソソ・ソミソ・ラララララ♪

頭の・中は・他人さま♪

という歌のとおりです(作詞・作曲 ソミソ・ララ)笑


車を運転している時も時々自動運転なんだなぁって感じてますし

じゃあどうやって日々生活しているのだろう?

生活していません

と、はっきり断言できるものではないのですが

益々その感覚、実感とともに、日々を過ごしております


これは、経験している人にしかわからないと思います

頭を使っていない

でも思考はできるし思考はしている

まるで思考が入った段ボール箱がレールに乗っかって

目の前を通り過ぎているかのように

それをまったく気にしていないという感じ…


でも記憶はできるんでしょうね

なにも困っていから 笑

つまり頭の中とリンクしていないのだと思います

ハートです

真ん中です

ここですべてが為されていると思います

そして安心ベースにそれは在る

大事な想い出はハートに保管されています

頭の記憶としての思い出ではなくて

想いとしてのハートの記憶です

もしかしてワンちゃんや猫ちゃんたちと同じ感じになっていくのかもしれませんね

いま目の前で起こった事だけ

いまやらなければらならない事にだけ

反応が起きて行動がなされていく

みたいな 笑


いま思ったんですが

頭の中で過去を思い出すというワークの時

それを頭の中で思い出したりするのでなくて

話して下さいって言われたなら

話せるのかもしれません


しかし、まぁ

昨日のお話し会で当てられたらどうしようかと思いました

だって、まみともさんのお話しでさえも

一瞬、一瞬消えていくんですから

何も頭で理解していないのですから

でも、 わかっている

という実感だけがあるんです


なんだろね~~~

知らない・・・


この感覚って

個人的な感覚が消えるとみんなそうなるものだと思っていたんですが

昨日みなさんのお話を聞いていて

どうやらそうではないようだと気づきました

ちょっとびっくり

びっくりというか、相当戸惑った

やっぱり変わっているのかもしれません

苦笑いです

(*_*;

ただね

なんて言うんだろ


いつも気づけば安心ベースにいます


では~ 甲府へ♡




関連記事