真我

OSHO 自分は在ると覚えていなさい

海幻想



あなたがどこに居ようとも、「自分は在る」と覚えていなさい

この「自分は在る」という意識は、連続するものでなければならない

普通、あなたの意識は対象に向かう

あなたが私(自分は在る)を見ているとき

あなたの意識全体は矢のように私(自分は在る)に向かっている

あなた自身が私(自分は在る)に向かっている

自分を覚えているということは

あなたがふたつの矢を持たなければならないことを意味する

ひとつは私(自分は在る)を指し

もうひとつはあなた(個人的なあなた)を指している

ふたつの矢を持つことが、自分を覚えていることだ




Oshoがこんなことを教えてくれていました

以前Oshoにハマった時期があり、来る日も来る日も本を読んでいました

この言葉はきっとその時にも目にしていたのだと思います

でも、いまは全然違う感覚でこれを読んでびっくりしています!


だから、ハートに沈まなければならないんですね

海と船とこの意識と

海が神、真我

船がハート(自分自身)

この意識(自分が何なのかを知らない)


普段、私たちは「私という心」を自分だと思い込んでいますから

勝手に矢は「心の投影の世界」に向き続けていますよね

それをストーリーと言ったりしています

だからほとんどの人は「自分は在る」である!という矢は持っていませんね

意識しないから

でも、それでも私たちは全員もれなく「自分は在る」なんです

この命そのもの、存在そのものが自分自身なのです



それは難しいだろう

非常に困難だろう

最初のうちは忘れてばかりいるだろう

光り輝く感じがするのは一瞬で

すぐにまた失われる

しかし憂つになることはない

たとえ一瞬でも大きい

続けなさい

再び思い起こせたら、またその糸をたぐりよせるがいい

忘れたとしても、心配することはない

また思い出して、またその糸をたぐればいい

すると、徐々にその途切れは小さくなる

中断がなくなって行き、連続性が生まれる

そして、意識が連続性を持つときには

あなたはマインド(頭)を使う必要がなくなる

・・・・・・・・・・・・・


以前全然眠れなくなった時期があったんですが

その時、不動をみました

見ました、聴きました、感じました、気づきました、わかりました

この全部の言葉がそれに相当します



探求の道すがらで

自分自身がなんなのかが分からなくなって悶々とすることがあって

それは「在る」を自分自身として捉えることができないからです



でも、「在る」に関しては無理なんですね


在るに関しては

ここに落ち着いて、ここに浸っていくしかない


自分は何なのかを掴むことはできない

でもそれでいいのだと

あきらめがついてくる流れこそが

神さまと一緒にあるがままのまんまなんだと思います






関連記事