本当の自分

身体は私ではないという実感

IMG_1974.jpg


早朝の4時、いえ、4時少し前だったかもしれません

急に身体の一部に少し強めの痒みがあらわれたんです

それと同時にそこにがありました

あれは、なんとも不思議な感覚で

その空(くう)はソミソ・ララでした


それは1秒か2秒か3秒か

からだの感覚と同時に

確かにあったんです

痒みと空が同時にありました


痒い



ソミソ・ララは別々だったんです

ソミソ・ララは身体から離れていたんです


ヘルメスさんの瞑想会では8月「身体は私ではない」というテーマで実践と理解を深めていますが

その前に7月の1か月間、ソミソ・ララは「身体は私ではない」を

勝手に始めたワークによって観察と認識とを深めたり

日常や瞑想(実践)の時にあらわれる身体の反応に意識を向けて

とにかく観察と認識を深めていました

この感覚は私に起きているのか?

私に何か影響はあるのか?

その時、「私」という個人はそこに存在しているのか?

などなど

今朝確かに捉えたという感覚

まだ3時間も経っていませんが

あの感覚は薄れてきていて時期に消えてしまうでしょう


実相、全体

ここに命がある

命に身体が存在しており

生きているのは身体ではなく命です

その命が実相です、在るです

その在るは身体のハートの奥で強く感じる事ができます

それが本当の私というものです


私たちは身体ではありませんから

身体は無いとして見た時には

胸もありません

ですから胸に限定する必要もないとも言えます

でもハートは感じるセンサーですからね

愛を感じる場所ですもんね

ここは(ハートの奥は)

時々熱い熱を帯びているようにも感じられ

じ~んと

何とも言えない存在感があり

それをうまく表現する言葉が見つかりません

このハートの奥と実相は同じものではないけれどひとつです

これをソミソ・ララの表現で表すと

実相、全体は神のからだ

となります


ラマナマハルシは真我は胸の右側に在ると表現してくれました

ソミソ・ララはハートの奥に

海の底のような静けさと同時に、言葉にするなら

微細なエネルギーの時もあれば深いエネルギーの時もあるように感じています

胸の表面に蓋のようなものを感じる事があり

じんじんする感覚が現れる事もあります

その時は身体の反応は自分ではないという認識があるので、構わず深く感じていきます

ハートの奥で捉えるものは

身体ではないとわかっているからです



真我は絶対にハートで感じるものだ!

とは言えないのかもしれません(わかりません)


どちらにしても

ゆくゆくは、この感覚を対象として捉える事なく

それそのものに

ですね


身体は私ではありません

私たちは在る

在るです

それにしても

空の感じ


初めての感覚でした


痒み(気づきそのもの)

痒みが現れた(気づきに気づいた)



あの時ソミソ・ララは気づきそのものだった…



私は在るである

痒みはソミソ・ララに起きているものではありませんでした

こういう一瞬の一瞥のようなものは

日常の中でもよく起こるものですが

いつも書いているように

初めのバンッ!これが気づきです

初めのバンッ!は気づきそのものです

2回目のバンッ!で意味づけをしないでただありのままにしておくこと

3回目のバンッ!では次々とイメージが加わってしまい

それはただの思い込み、ただのイメージになってしまいます


バン!というのは

意識に起こる転換スイッチのようなもので

去年の大晦日でしたか

やはり早朝に体験があったんですね

それは

バンっ!バンっ!バンっ!と

意識に転換が起こり

気づきと

気づきに気づくと

イメージの3段階になっていました

とにかく

気づきそのもの

これが真我です

気づきに気づくことができるのはあなたです

気づきそのものもあなたです

真我を求めているあなたは

真我の先っぽであり

つまりあなたは真我です

norikoさんの動画で真我の先っぽを見つけました♡

I AM THAT 見る者が真我の先っぽだよ

凄く面白いですし、素晴らしいです

あー、ソミソ・ララもあなたも(真我の先っぽ)はこんな風




真我とは個別に存在しているのではありません

ひとつです

ソミソ・ララの真我とあなたの真我は同じです

本当のあなたとは真我のことです

神、真我は同一です


一なる絶対意識


神、真我だけが実在です






関連記事