本当の自分

ただ“そうである”

春の植物




姿かたちなき意識

私の意識はあなたの意識と同じものです


ここでいう意識とは

もしかしたらあなたが考えている意識とは

別のものである可能性が高いかもしれません

ここで「私たちは意識だ」という時

マインドではありません

思考でもありません

あなたの心の声でもありません

では、ここでいう意識とは…

そうです、神さまのあなたです

神さまのほんのちょっと意識のことです

私はそれを“真我の先っぽ”と呼んでいます♡


では改めて、本当の私とは何?

あなたは誰?あなたは何者?


本当の私は真我、私は真我の先っぽ

実はこれは言葉であり、概念であり、理解

 
正直な話し

私?私って誰?私って何?

私の幸せ?私の幸せって何?

私のアイデンティティ?私のアイデンティティって何?

それ、どーゆー意味???

これが私の答えです


スピリチュアルから非二元へ移行して

それが発覚してしまいました

私は神さまの一部、神さまの中味であるというのは

言葉であり、概念であり、わかっていることです


本当の私は真我だ、この意識は真我の先っぽだとわかっています

しかし私は私を知っているわけではない


私は、私の事を考えると

何も浮かばない

何もわからない

私は私を知らない…


私は在る

私はこの身体というパートナーのおかげで

私は在るを二元性の中で体験しているんだろうけど

いくら私は在るを体験しても

私は私を知ることはできない


なぜなら、実際の話し

私とは、ただ“在るである者”であるから

在るはひとつを共有する全体なのであって

ひとつの中味なのであって

個人ではないから


だから“本当の私に目覚める”というのは

本当の私に目覚めて私を知れるものは概念であって

それそのものを知ることはなく

本当の私の“状態”がどうなっているのかを知ることです


私は在る、ただ在る者…

二元性の中で「私は在る」を体験する以前から在るもの

それを言葉にするなら、やはり

“それ”、それとしか言いようがないということ

それを根本から知る者はいないのです

知れるはずがないのです

本当の私に目覚めるとは単に

この肉体は私ではないことが明らかになること

私とは個人ではなくひとつを共有する全体であることが明らかになることです

頭での理解でない、完全に明らかになることです


神さまは、きっとこのように仰るのではないでしょうか

ただ“そうである”と…


昨夜、お布団に入って電気を消して…

そうしたらびっくりぽんな光の粒子の塊が現れたんです

粒子はいつも視覚しているものよりもかなり大きかった

粒子が集まってカタチ造られた塊は何だった?

ん〰…

それはわからなかった

だけど大きさは水筒を一回りくらい大きくしたような

そんな大きさで、その周りにも光の粒子が集まっていて

そして動いていた

私の顔の真上、手を伸ばせば届くところまで移動してきたの

迷った!でも好奇心には勝てなかった

思い切って触れてみた

粒子の塊と私の手は重なり合ってひとつになった

不思議だった!神秘だった…

多分、ほんのちょっとピリピリしたかもしれない

そのピリピリはしばらく続いていたように感じる


その塊は移動した

生きもののように?宇宙の何かのように?

知らないけど、それを初めて見たんだけど…

初めて触れてみたんだけど…



まだまだ知らない事がいっぱいありそう

知りたい

そう思った♡


私という個人がいないことが明らかになって

「知りたい」「好奇心」「探求心」

これが無くなってしまうとどうなるのかというと

多分、止まってしまうのだと思う

全体は躍動していて、いつもピュアで受容する体制が整っている

神さまから与えられるすべてを受容します

だからいつもピュアです!いつも新しいんです!!


私がいないことが明らかになって

全体に寛いでいられるのなら、それで良いと思う

だけど、探求というのはendlessであるべきで

探求とは何たるか?どう理解しているのかが分かれ道になるんだろうけど

探求は決して苦しいものではなくて

探求は楽しいもの、意識が拡がっていくものであり

それは神さまに近づいていくもの

endlessだと私は思っています♡

終わりなき神さまへの旅路です

探求とは神さまを知るという旅路であるということです

私がいないことが明らかになっても

探求は続いていなければ勿体無い


体験と気づきが同時に現象として現れるというのは

昨夜私が見た光の粒子の塊を視覚化してそれに気づくという

「それ以前に、」それを知っていて

毎瞬、「光の粒子の塊が現れる」

この現象だけがバンっと起こるようになるということ


気づくというワンクッションが無くなって

体験のみが現象として現れる

思ったことと同時にその現象が現れる

ということが増えて行くのだそうです

これ、書きながら私もちんぷんかんぷん 笑

でも、そう言っているから



これに対しても、神さまはやっぱりこのように仰るのではないかと思う

ただ“そうである”・・・♡

































関連記事