非二元♡ノンデュアリティ

一瞥体験と神秘体験はちょっと違うね

2023010919380159c.jpeg

龍宮神社・・・

長崎鼻

202301091937469a1.jpeg

昨日も、ものすご~く暖かくて

午後からドライブに出かけました!!

海沿いを走るって最高。。。

20230109193710976.jpeg

開聞岳が美しかったなぁ

そして龍宮神社から海へと降りていって

波と波の音の動画を撮った♥


20230109193817091.jpeg

20230109193656d99.jpeg

20230109193622b93.jpeg


海。。

20230109193549fb1.jpeg

20230109193605892.jpeg


きらきらきら~~~


スピリチュアルな神秘体験を一瞥体験とするのなら

私は何百回も体験しているのかもしれませんが


一瞥体験というのは、スピリチュアルでの神秘体験とはちょっと違いますね

なぜならスピリチュアルでの神秘体験には

神が、聖霊たちが関わって下さっていて

体験の中で、光明を体験しながら様々な気づきが起こります

ひとつの体験にはちゃんと意味があるんですね


一瞥体験は、その言葉の通り「垣間見る」


まだ、真理探究についてちんぷんかんぷんだった頃

一瞥体験がありました

それは一時間以上もたっぷりと続きました・・・

完全なる無の世界

そして舞台は空(そら)でした

20230109193845e67.jpeg

※この写真は長崎鼻に向かう途中で撮りました!山は桜島です


真っ青な空

何の音もなく、シ~~~ンです

ここにね、薄い雲が現れて

円を描くようにして踊り始めたんですね

楽しそうに・・・


すると、ふと、あれっ?

これってもしかして私?

そう想った瞬間に

私は雲へと意識が移動し

踊ったのです♪

そして気づいたんですね

あ~ 私たちってちび神なんだなってね

空が神さまで

神さまの中で自由に踊る私たち

ちび神

こんな素敵な体験だったんです


ヘッドセンターで起こる

神さま、聖霊たちとのスピリチュアルな体験

それは至福そのものです


頭の中は他人様とは

頭の中でも思考やマインドといったものは低い位置で

現れては消えていきます

どちらかといえば頭を圧迫される感覚なのかもしれません


ヘッドセンターでの体験、経験、気づき、信頼、そして至福・・・

こういう体験をしたのなら

それ以外の低い位置でのものはスルーしていきましょう

ヘッドセンターで起こるものと、頭の中で起こるものは同一ではありません


神と交じりあう神秘体験を真実として捉える捉えないの判断ではなく

真実とか真実ではないなんていう領域を超えているのが神さまです

神さまは全部ご承知なのですよ

この神秘体験によって私が(真我の先っぽが)どのように気づくのか

なんてことは

神さまの中で起こっていることなんですから、全部ご承知なのです

いつも言っているとおり、私たちは

神さま、真我⇔モナドの手の平にのせられて

コロコロと転がされているのです♥


ハイヤーセルフへの理解は、いまの私には導き手です

つまり、宇宙に参加しながらアセンションを目指していく人たちへの導き手

そして

非二元に目覚め、個人的から全体へ、真理(神)真我実現へと向かうなら

真我⇔モナドへと導いてくれる導き手

それがハイヤーセルフです

ハイヤーセルフはモナドの意識内にあり宇宙での各次元を行き来すると思います

ですからハイヤーセルフと繋がることは絶対的に素晴らしいことです


非二元に目覚めていくと「繋がる」とか「あなたと私」といった考えである

分離していることが前提ではない


初めから私の中にすべてが現れていたんだね

あなたは私の中に現れている私なんだね

私とあなたにはなんの分離も隔たりもないんだね

“なるんだと思います”

なぜ 「なるんだと思います」と書いたのかというと


私は非二元、全体を知って体験しながら、“いま”に在りますが

他の人を知らないからです

個人セッションなどで他の人のリアリティを知らないので、ただ

私の体験、状態をブログで語っているんですね

だから、「なるんだと思います」というのは

非二元に目覚めた人は、きっとこうなるんだろうなという意味で

「なるんだと思います」と書きました


私の状態をもっと詳しく語るとね

全体しなかないという意識内に在る自分に

まだ“自分では”気づいていない場合が多いのです

既に、そうである

とっくに、そうである

いやいや、初めからそうなんだってば・・・


当たり前すぎて全体を意識することがないというのが

いまの私、真我の先っぽ意識の状態です

ちんぷんかんぷん?だよね 笑


だから繋がるも何もないのです!全体だからです!!


気づきが起こったからといって、何も特別ではないし変わらないです

だって、初めから“これ”だったんですからね


これまで意識はどこかへ向かって行っていたでしょうけど

意識が向かう方向性というものが消滅したんですね

ただ、これ・・・となります

この、“ただ”という部分が、実は一番大切で

これが非二元なのですね


ヘッドセンター

ここで神さまや精霊のみなさまとのやり取が起こります

ヘッドセンターが活性化して目覚めていくことと

非二元での目覚めは同じなのかというと

道すがらです!プロセスです!

スピリチュアル~非二元へ~真我実現へ

これには順番はないのではないかと思っています


どこから入っていっても結局、この探求は

真我がそうさせていますから

どこから入っても、すべての道を通ることになるんだと思います


まるで、神からスタートして神へと還って来るというような道すがらです

全部通る。。。


繋がろうとするのは、繋がっていないからであり

ひとつになろう!ワンネス!というのは

ひとつでないからひとつになろうとするんですね


非二元では違うんです

これでいい、すべては完璧というのは

何が起ころうと、いつも全体の中で絶妙なバランスが保たれていて

いつも、これでいい、これがいい、これじゃなきゃいけない

だから、あるがまま、そして“いまここしかない”ということなんです


勿論ね、行ったり来たりなんですよ

どんなに凄い一瞥体験をしても

意識というのは思い込みとか信じ切っていたものを切り離す流れには

それ相当の意識の変革が成されていかなければなりません

目覚めていくプロセス、道すがらでは

神さま、真我⇔モナド、聖霊の皆様のサポートが必須となります

そしてサポートがあるからこそ

目覚めへの流れに移行しているんですね


だから、非二元とか、目覚め、悟り、気づき、真理、神・・・

こういうものに意識が向けられていくことに

自由意志なんてものはないのだと、いつもブログで伝えています

このブログは私の 道すがらを語っていますので

所々でちんぷんかんぷんです♪


関連記事