♡Satokoのプロフィール

本気モードで目を覚ましていくには

2022夏に載せる画像




私はスピリチュアルの探求を約6年間続けていました

探求?そんなつもりもなかったんですけどね
ただエンパス体質を何とかしたかっただけなんです

でも、いざ始まってみると
どんどん不思議なシンクロが起こり深みに入っていった
そんな感じでしたね

探求を始めてすぐにハイヤーセルフと繋がりました
そしてとてもユニークな方法でモナドが私のところにやってきました
モナドと一緒に宇宙船を操縦したこともあります
いま思えばモナドはこの大いなる幻想世界での神秘を
余すことなく経験させてくれたのです
モナドの力、愛の深さ、厳しさ、完璧さはため息がこぼれるほどです
まさに、神の中身です

スピリチュアル、非二元、真理という概念を取っ払って
これまでの私を思い返してみると
スピリチュアルの探求は真理へと続いていて
自我と真我の先っぽ(自己意識)がはっきり区別される流れへの始まりでした


以前の私はスピリチュアル的な
つまり、アセンションに向けての目覚めの導き手として
ヒーラーの経験を活かしていこうと思っていました


しかし、その意味での目覚めではなく
本当の意味での目覚め
つまり、真我実現、悟り、目覚めへと向かっております
自分自身が既に真我に気づき、真我に触れ、真我と共に(モナドと共に)
数年間を過ごしていたことにも気づかされました


私のような独特な経験を経てからの真我実現をする人は稀であると思います
もしかしたら、世界中どこを探しても
数百年遡って探してみてもそんな人は他にいないのかもしれません


自我がバリバリ元気だと
自分をコントロールしようと躍起になります
真我が幻である自我を相手にすることはありません
決して真我は自我と関わりません


じゃあ、真我は誰と関わって来るのか
それがあなたです
あなたは真我の先っぽなのです
本当のあなたは真我なのです
それについてはこのブログを読んでみてください

真我の先っぽと肉体精神機構についてわかりやすく


私の人生は本当に独得でありまして
結婚生活の半分以上が夫は単身赴任で別々に暮らしています



ひとり娘が巣立った後も私はひとりで暮らしています
そんな暮らしは札幌での娘が巣立った後の約4年間と
茨城県に来てからの3年半、ずっとひとりで暮らしています


このひとり暮らしは快適であり
環境も整っていて充足しており
(人がうらやむような贅沢ができているという意味での充足ではありません)
とにかく日常は穏やかで自由で充足して満ちております



ひとり、なのにです



ですが
私は孤独にはなり得ないのです
なぜならひとりで暮らしていても
私はひとりにはなれないからです



真我実現
つまり真我に触れている、真我に気づいている人というのは
孤独を感じません
充足しかありません



無人島にひとり取り残されたとしても
決して孤独にはなり得ません


これが真我実現している人の一番わかりやすい特徴であると言えます


真我の愛はそれほどすごいものです
真我に気づいていなくても
真我に触れている人は決して孤独にはなり得ません


私はまだ私(真我の先っぽ)から自我が薄れていっている段階であり
強くなったり、まったく自我がいなくなったり


思考が強まったり、思考が働かなくなったり
思考したものはすぐに消え去り過去を忘れ去られていったり


そのため未来を思い浮かべる軸がなくなっていたり
まだまだ真我へと浸透していく熟成の過程真っただ中にあります


何年も、何十年もスピリチュアルの探求に終わりが来ないのは
本当の自分へと向かっていかないからです
外へ外へと学びを続けていても終わりは来ないのです


真我はあなたそのものなんですよ



あなたから肉体が消え
心や感情や思考、マインドが消えたところを想像してみてください
そこに残る無色透明の、それがあなた
それが本当のあなたなのです


自我が力いっぱい自分を守ろうと頑張っている間
スピリチュアルの探求は終わらないのです



だって、そのあなたは幻なんですから
それはあなたではないのですから


関連記事 「自我が現れる前と後」


関連記事