本当の自分

3つがあって当たり前な訳とは

可愛い自然黄色




ひとり♡ひと宇宙・・・
昨日の続きになりますが


ノンデュアリティのスピーカーさんたちの動画を視聴して思うのは
一瞥体験などによってノンデュアリティに目覚めても
それ以前に心の世界が苦しい人が一瞥体験をしているようなので
いくらスペースのところで静寂で安心した状態であっても
二元の世界、この現実世界においては何も変わらないという
なんて言うか、勿体ないように思うのです


昨日もお話ししましたが、心の世界が自分の宇宙ですから
そこを無視して、ノンデュアリティの世界に入っても
現実世界は続いていきますよね
そして「私はいない」としているため
自我にはどんな変化も起きようがないということなのです


いつか次の学びへと導かれていくのだろうな・・・
次の学び、それがスピリチュアルです


ひとり♡ひと宇宙を幸せにしていくのがスピリチュアルです
自我を癒し赦し整えていくことで
現実世界で起こる出来事が心の世界にマッチしていくのですね


スピリチュアルを知らずに
ノンデュアリティに入って行ってしまった人に起こりがちなこと
これだと輪廻転生は続いていき
神さまが創造してくれた素敵な「大いなる幻想世界」を堪能できません
気づきのかけらを拾うことができないのではないかと思うのですが
勘違いでしょうか・・・



宇宙は次元
この世界だけでの輪廻ではなく、もっと違う世界を経験したい!
スピリチュアリストたちはみんな、そう思っています



このブログを読んでいる皆さんはきっと新しい地球へシフトするでしょう
なぜって、いつも言っていますけど
こんなちんぷんかんぷんなブログを読むことができているからです
つまり無意識であれ、意識的であれ
新しい世界を受け入れていこうと意識が動いているからです



ところで、別のパターンでは
非二元「自我は自分ではない」を認めずに
自我を自分としてエゴもりもりでスピリチュアルの探求を続けていくと
いつまでも探求が終わらないという点も否めません
本当のあなたはハイヤーセルフです


関連記事「私が経験していること」

だから、二元論も非二元も不二一元もあって当然だと
私は思っているんです
なんでしたら
二元論も非二元も不二一元もすべてにおいて分離なく
3つの概念をひとつにしてしまう方が自然なのかもしれません
極端な考えでしょうか
でも高次元の皆さんのお考えでは
これが当たり前なのではないでしょうか
と、私は思うのです



最近こんなことばかり書いていますけど
私の場合、悟りとかには興味はないのです
ただただ、神さまが大好きなのです♡
いつも私の宇宙では神さまがいてくださり
私は神さまと見つめ合っていたいのですね


でも、なんだか知らないけど
色々な概念を知る羽目になっているんですね(-_-;)
なんだろ、この感じ


最近ではなにか、悟りアレルギーのような感じで
悟りについての話を聞いていると
身震いするような時があります(*_*;
これって自我の防衛反応なのかもしれませんね


「いったい何を目的に人は悟りたいのだろうか?」と
こんなことを考えてしまう私です
変ですかね?私
こんなブログを書いておきながら
やっぱり私って相当、変ですよね 笑


このことについてモナドはあまり詳しく教えてくれないのですが
どうやら、ハイヤーセルフと自我がカフェオレ状態になることと
3つの概念で目醒めることが同じであるようです
そんなこと、できるんでしょうかね・・・



不思議すぎますよね(*^。^*)












関連記事