本当の自分

人生の朝と午後の話し・・・

ユング




去年の12月の冬至から
意識を置く次元がふたつに分かれ
「眠ったまま」と「目覚めていく」という、ふたつの道へ
お互いが背中合わせになって
それぞれが前へ進んで行くという流れに変わりました
つまり両者の意識が離れて行くということです


と、スピリチュアル界隈では言われているようです


そんな中で
眠りを選んだ人が目覚めを選んだ人に不安を覚え
置いていかないで、という意識が
生霊となって飛ばされているのだそうです


ちょっと怖いね、この話(*_*;

因みに、この生霊の影響を祓ってくれるお茶があるとのこと
猿田彦命様が教えてくれたそうですよ
(動画で話している人がいました)
菊茶(菊花茶)というお茶のようです




ただ、これもね、自我と離れることで影響を受けません
なぜなら、あなたは
この、神秘の星屑が巡る神殿(肉体)の観察者になっているからです


これらのことは、この幻想世界で起こっている事ですね
このブログを読んでいるあなたは自我を自分とは思っていないし
この神殿を心から愛しているのであれば
自我はネガティブなエネルギーに影響を受けなくなっていくと思います


どちらにしても、いつも、いまこの瞬間瞬間に
あなたの意識がどこを向いていて、なにを選び、なにを感じているのか
これしかないのです
この世界はそういう世界なのです


おさらいですよ!

心、肉体、感情、マインド、思考
これら自我はあなたではありません
でも心の世界が外の世界を投影していきます
心ちゃんが一番大事!
外側は心の世界の現れでしかありません


これは幻想世界である、この、目に見える世界での
チャレンジ、魂が今世選んでいるアトラクションを経験しているです


魂があなたです!本当のあなた
自我はあなたではありませんので
あなたが自我と自分を同一化し続ければ
あなたは幻想の中で終わります
終わるのは自我です


しかし、それでもいいんですよ
どちらにしても魂が選んだチャンレンジやアトラクションは
勝手にあなたの前に現れ、それを経験していきますからね


それを、本当の自分で生きるのだと本気で決めて自我と訣別すると
あなたは「私はここに在る」という「在る」←本当の自分になって
生きることができるのです


ユングが本で書いている言葉にこんなのがあるそうです


“人生の午後は予期せぬときに訪れる
しかし最初のうちはそれまでの真理と価値観が正しいと信じている
しかし人生の朝と午後ではプログラムが異なる
人生の朝に輝いていたものは午後に輝きを失い
人生の朝の真実は午後に偽りとなる”


まさにこれ
朝がマインドを生きているとき
午後が本当の自分で生きるということ


マインドでの真理と価値観は
本当の自分で生きる時に輝きを失い、それは偽りとなるということです


これほど、自我と本当の自分とは異なっているということです
















関連記事