ソミソ・ララワールド

意識の転換期をスルーしない人

IMG_1213.jpg



一日経ったエアプランツ
こんなに小さくカットされて
これでもかというほど、バラバラになってしまったエアプランツなのに
こうして集めると、すごく素敵で魅力的に見えてしまいます


いやぁ~ ちょっと感動だ♡


どうか このまま元気でいて~っ


あなたが永遠であると証明してほしい




昨日からスタートしたフジテレビの月9
ミステリと言う勿れ


ちよっと久しぶりに嬉しいと思った
このドラマの世界観がとっても好きです
洞察力があって、頭脳明晰で、そしてそんな人が愛に溢れた人だったら
まるで地上のミカエル
ちょっとそんなふうに思いました(*^▽^*)



愛とはみんなが元々もっている私たちの根源ですが
その愛の表現の仕方は人の数だけあって



真実や善か悪かという、ものの捉え方も人の数だけあって
宇宙の視点でそれらすべてで「私たちはひとつだ!」というのです
だから神さまはすべてに善いも悪いもないと言うのですよね



ある意味物語のストーリーを生きている私たちは
物語にどっぷりと浸るも良し!客観視するも良し!



いいですか~
私たちはこの肉体を離れると
頭の中の他人様とは完全に別離するのです
なにも無かったことになりますよ
今世で成し遂げた実績や手に入れたものなどなにも無いとわかる
そしてそんな自分すらも、どこにもいないのです


これはノンデュアリティ側の見方捉え方です




しかし、様々な経験をして魂に刻まれたものがあります
それは目に見えるものでもなければ
触れることができるものでもありません
それこそが魂が輪廻転生する意義であり目的なのですから



外側の人生にはなにも意味がないし、なにも成し遂げられるものなど無い
そうかもしれません
でも、この人生に意味はあるし、成し遂げられるものはあると思います
自我的には意味がないし、真我的には意味はあるというわけですね



本当の自分に目が醒めると、意識が
外側(自我)ではなく、内側(真我)に向いていきますので
この人生はとても豊かなものになっていきます
それこそ、息をしていること、食べ物を味わっていることだけでも
意味があるのですから



いま、このブログを書いていたら
親愛なる友人から電話がかかってきていることに気づき
かけ直してみると


去年書いていた私のブログ
ノンデュアリティと私は創造主だ!という両方の視点の見方捉え方
そして私は両方とも合っているし、一つひとつをみるなら間違っている
こんな訳の分からない捉え方でブログを展開していきましたが


それが「わたし」という個性の感じ方で受容の仕方なので
正直に書き綴っていきました
きっと誰も理解できないだろうな・・・こんな気持ちで 笑


そんなブログを読んでくれている友人が
去年まではちんぷんかんぷんだったのに
読むことさえも辛かったのに


いまはわかる! と言うのです


すごくないですか?
これって


感動しました~


彼女も昨年は意識の転換期であり
辛い一年だったようなのですが
そこを超えたのですね
超えるって、本当に素晴らしいことで
人のそういう話って凄くエネルギーをもらえます
魂が大笑いして歓喜に溢れているのがわかります


こういう時期がやって来ない人もいます
いえっ やってきているのに気づかないふりをして
スルーしてしまうのですね


すごく勿体ないことをしているなぁ・・・
私にはそのようにしかみえません


辛い時には辛いと認めてしまって
それを愉しむという余白がある


勿論真っ最中の時にはそんなこと考える余裕はありませんが
超えた後になって、自分を誇らしく想いながら
あの時、自分は
余裕でそれを経験していたのだとわかっている自分がいます
それが本当の自分なのです


また訳の分からないことばかり言ってますね 



素敵なエアプランツ


頑張れエアプランツ~♪








関連記事